スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
命のバトン
2007年09月29日 (土) | 編集 |
▲お知らせ▲*通常の記事はこの記事の下にあります。

「命のバトン」。

しばらくの間トップ記事として掲載してきましたが、色々なところでこの記事を見て傷ついてしまった方々がいっらしゃいます。

それは、その人達が弱いとか、現実から目を逸らしてるとかという問題ではありません。

私だって、バトンをつないだものの、今だにこの事件の内容を考えるたびに言葉には出来ない様な苦しい気持ちになります。

このバトンは「二度とこのようなことが起こらないように、事件の事を多くの人に知ってもらいたい」というバトンであって、「猫好きのひとを苦しめよう」といったものではないはずです。

私も多くの人に見てもらおうとトップ記事に固定していましたが、この記事を固定したままだと、傷ついてしまった方々が訪問された時に嫌でもこの記事が目に入り、心をさらに傷つけることになりかねません。

ですから、今日をもちましてこの「命のバトン」をトップ記事からはずさせていただきます。

今後は記事を更新するたびに過去記事として下に落ちていきます。

ただ削除はしません。

忘れてはいけないことだと思う気持ちは変わらないので。





最近、訪問させて頂いている多くのブログ内でこのバトンを見かけました。

このようなことは2度と繰り返されてはいけないことだと思います。

そして決して忘れてはいけないことだと…。

そのためしばらくの間ページのトップにこの記事を掲載したいと思います。


*通常の記事はこの記事の下にあります。






 命のバトン



ママを探して7個くらいの夜がすぎた。


…ママは僕が嫌いになったのかな?


ママはどこへ行っちゃったんだろう?


…捨てられたの?


お腹が空いてペコペコになった。


仕方がないからゴミ捨て場に居たんだ。


そしたら、お兄ちゃんが来て僕をお家に連れていった。


新しいお家だと思って…とっても嬉しかったんだ。


美味しいご飯もくれた。


…なのになんで…?


なんで僕のしっぽを切ったの?


なんで僕の足を切ったの?


僕、良い子にしてたよね?


なんのために…ぼく生まれてきたのかな…。





2002年5月某大手掲示板にて猫が
公開虐殺されるという事件がありました。
みんなの署名活動が実り、
犯人は異例の逮捕、有罪判決となりました。
このような事件が二度と起きないためにも貴方の力を貸して下さい。

できれば、このバトンを回していただきたいと願っております。



↓以下のバナーをクリックすることで事件の詳しい内容をしることができます。






詳しい内容を知るために「dear,こげんた」のHPを見ました。

あまりのショックに今でも脳裏に事件の内容がよぎり悩まされます。

こげんた君の冥福を祈るとともに、このような子が1匹でもいなくなるために皆様のご協力をお願いします。


スポンサーサイト


2007/09/29 12:59 | 未分類 | Comment (8) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
許せない・・絶対に許せない。
おい、あんた、命をなんだと思っているのだ・・
こげんたくんのところに行ってきました。涙がでます。
本当に許せません。
もしかしたら・・これは氷山の一角で可哀相な
目に遭っている子は、もっと沢山かも・・・
処分の名の元、毎年多くの犬猫が殺されているのも
ゆるせませんよね。
おごるな、人間。命あるものを大切にしろといいたいです。
2007/09/26(水) 18:05:14 | URL | ピースケ #-[ 編集]
あの事件ですね・・
こげんたちゃん・・

私も知ってます
心が冷たく怒りを抱いたのを覚えてます
・・・・。

今日もぽちっと
2007/09/26(水) 23:15:09 | URL | kiki #-[ 編集]
切なく、悲しい
胸が、いっぱいです。
可愛そう。
刑罰が出来て当たり前だと思います。
改めて自分も翔も、満たされてると思いました。
不幸な動物達がいなくなります様に・・・
2007/09/27(木) 01:08:06 | URL | ユーミン #-[ 編集]
母さんのところでも、同じ記事を拝見しましたが。
いっそあんたも手足を切って差し上げようかしらと、狂気じみた事まで、犯人を思うと考えてしまいます。
猫だって、ちゃんとしたいのちなのにね‥。
泣けてきちゃいました‥。

私達は私達で、こうして猫の命を預かっているのですから、大切に命尽きるその日まで、守ってあげたいですね。
2007/09/27(木) 16:43:58 | URL | おねーやん #-[ 編集]
やっぱり・・
何度事件に触れても
怒りとやりきれなさが交錯します・・

むぎちゃんやダネにはおこらないこと・・
でも、同じにゃんこで起こった事・・。

今日もぽちっとしていきます
2007/09/28(金) 23:31:20 | URL | kiki #-[ 編集]
私もむたままさんと同じ気持ちです。
今回の件、ぜんぜんちがう方向にいっちゃってるような気がする。
これを始めた方はそういう悪い思いでやったわけじゃないと思うのに。
私も絶対忘れません。2度と起こっちゃいけないもの・・
2007/09/29(土) 14:37:27 | URL | きのこ♀ #-[ 編集]
こげんた
むたままさんと同じ気持ちで、ずーっとトップページにリンク貼っている
仲間がたくさんいます。
今、こうしている間にも第2第3の「こげんた事件」が起こっている。
ああいうやつらは根暗だから、こそこそやって一人で喜んでる。
こげんたは氷山の一角なんだよね。

でも、やつがネットに公開したおかげで、「こういうことがある」という
事実をたくさんの人が知った。
だから、こげんたちゃんは永遠だよ。
2007/09/29(土) 16:02:05 | URL | tabby #BS40Ji/o[ 編集]
はじめまして、sminovです。
おねーやんサマのブログで、この事件をとりあげているこちらの記事が紹介されているのを見て、訪問させていただきました。
dear.こげんたのhpも一気に読んで見ました。怒りや悲しみ、そして同じ人間として情けなくなる思い、いろいろな感情で胸がいっぱいになりました。
私のようにまだまだ無知な人々はたくさんいると思います。
そんな人々の為に、また熟知している人々にとっても、この事件は風化してはいけないと思います。

こんどは、むぎちゃんに会いにきますね♪
2007/10/08(月) 00:55:04 | URL | sminov #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。